--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
04.30

大切なこと

Category: 生きる
膀胱炎になり、一晩眠れず
翌日はひろばがあり、なんのこれしき!!と、夕方まで踏ん張ったが微熱が出始め

あいにく木曜日は午後の診察をしている医者は少なくて
思い立ち、息子達が小さいときに診てもらったN医院へ・・・

201341.jpg
あのときのなつかしいお医者様
もうずいぶんお年を召されたのに、患者への対応は昔とかわらずていねいでおだやか

ひととおり診察が終わった後、お医者様は私の問診票に眼をやり
「自営業と書かれていますが、どんなお仕事?」と訊ねられて
「手織りの教室を開いています」と答えると、私の服に眼を留め
「このような服も作れるのですね・・よいお仕事ですね・・」と目を細めて笑顔

すごいなぁ・・・お医者様が、しかも男性が、私の服を「手織り」だと気付き、ほめてくださった

患者のことを知る、目の前に座っている病人の「がんばり」に目を向ける
地域に在る「医院」の大切さをこのお歳になっても貫き通す

N先生のいきざまに学びたい

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。